f-tadanumaft-87.com
当サイトの注文フォームは、SSL暗号化通信により保護されております。
🔒
安心してご利用ください。


  



サイトマップ本文へジャンプ

  
  


JTB


HIS


YAHOO

みかん・ミカン・オレンジ
みかん

バラ・薔薇
バラ

生花
生花

花屋・花束
花屋・花束


Google

切花活性剤プレゼント中
切花活性剤の使用法
15CCのPATを500CCの水で薄め、花を生け、30CCのPATの時は1Lで薄めます。
花の扱いパンフレット添付
バラ ガーベラが届いたら

まず水の中で茎を2cmほど切ってね。
水切りをして花瓶などに移して新鮮な水を吸わせてあげてください。
ガーベラは温帯、熱帯アジア等に分布し野生で約40種類存在して
花もちが良く
フラワーアレンジメントにも多く用いられる。ガーベラの花言葉は『崇高美』『神秘』。
また、ガーベラは女性がもらって嬉しい花の2位だという調査結果もでています。
ガーベラの花色はピンク、赤、白、黄色、緑、オレンジなど豊富にあることも特徴のひとつです。

バラはいつも 徹底した朝切りをする。こうした作業の積み重ねがその後の 花の長持ちにつながるのです。 バラ、ガーベラ、ブプレリュウムなどビニールハウスの中は花でいっぱい 15度前後の温度に保たれて、1日おきくらいの収穫作業や 花の状態をみて薬剤散布、潅水作業もあります。

バラの長持ち法
まずバラの下葉を取り除き、茎の先端を斜めに水切りして、
約10分位「萎れて弱っている時1~2時間」茎の半分くらいを水に浸して水揚げをし、この時、バラの花首から下を新聞紙に包んでそのまま水に浸しても良いでしょう。
バラが元気に成ったら花瓶に移してください。花瓶の水は浅水にしてこまめに変えてください。

--------

農家の生産販売だから朝収穫,新鮮長持ち,その日に発送,翌日到着!

「日本の中心地」利点活かして全国送料一律1200円~商品2730円から発送!

バラ、ガーベラは茎がしっかりしていて長い間、きれいに咲きます。
夏みかんは農薬の心配のない安心食品です。

夏みかんを日本で最初に経済栽培した土地は、山口県です。夏みかんは、正しく和名で呼べば夏橙(ナツダイダイ)と呼んでいましたが、夏みかんと命名されました。
夏みかん栽培が行われるようになった経緯は、海岸に漂着したかんきつの種子を播いたのが起源。原木は今も健在であり、自然雑種。
ナツミカン(夏ミカン)はナツダイダイ(夏橙)、ナツカン(夏柑)、ナツシロ(夏代)、ハギミカン(萩ミカン)など、いろいろな名前で呼ばれますが、正式名称はナツダイダイ。夏ミカンと呼ぶ方が一般的かと思います。
ハウスミカンは甘さてんこ盛り、夏に冷やして食べてください。

興津川沿いに、ビニールハウスが建ち並び、
バラ、ガーベラ、ハウスミカン、みかん、夏みかんが栽培されています。
ただ沼花 特産物出荷組合は、農家の産直通信販売です。
駿河湾にそそぐ清流、興津川流域、但沼町の花、特産物生産者八人の仲間でつくりました。
是非私たちの新鮮な花 特産物をあじわってみてください。
そして農家の産直生産販売の良さを知っていただきたいのです。
花の栽培についてのご質問や、ホームページについての
ご感想、ご購入していただいてのご感想等
何でも結構ですメールでお知らせ下さい。
私たちの宿題にさせていただきたいのです。